貯金300万円を持って、アジア最後の秘境ラオスでノマド生活。

みんな動向を注視しているラオスのニュース・日常をお届け!ハンモックに揺られながら、ゆらーりと更新していきます。

【コロナ隔離】国内・海外で逃亡するラオス人たち

Facebookページで更新情報を出しています。
良かったらいいね!でフォローをお願いします。


世界的なコロナ感染の影響を受け、ラオス国内・国外で隔離措置などから逃げ出すラオス人たちが報告されています。

 

ケース1.ベトナムハティン省の留学生

ラオスからハティン省に留学していたラオス人学生たちが、寮から逃げ出して問題になっています。

その数、151人。

f:id:Nomadlao:20200410160256j:plain

みんなが逃げ出すとは、いったいどんな環境だったのでしょうか。

そのうち2人だけが大学に戻ったそうですが、残りの人たちはパスポート不所持のままラオスに帰国してしまっている可能性が高いとのこと。

そんなことが可能なんですね。

 

ケース2.プービアマイニングの従業員

コロナ感染者が複数確認され、感染拡大が懸念されたプービアマイニング社。

感染者の濃厚接触者が発表され、隔離措置を取られたそうですが、そのうち12人が逃亡。

f:id:Nomadlao:20200410160835j:plain

12人は全員連絡が取れ、再び隔離措置に入れられたそうです。

 

ケース3.タイ・ウボンラーチャーターニー県にいたラオス人労働者

ラオスとタイの国境閉鎖により、タイから帰国できずに困ったラオス人約300人が山を越えて違法に帰国したそうです。

ラオスの位置的には、パクセーのあたりのようです。

f:id:Nomadlao:20200410160609p:plain

 

それぞれ、みんなよっぽど環境がひどかったのでしょうか。。

環境には同情しますが、コロナウイルスの拡大懸念の観点からいうと、こういうのは不安ですよね。