貯金300万円を持って、アジア最後の秘境ラオスでノマド生活。

みんな動向を注視しているラオスのニュース・日常をお届け!ハンモックに揺られながら、ゆらーりと更新していきます。

【4月25日付発表】コロナ新規感染者は76人、うち首都ビエンチャンは64人

Facebookページで更新情報を出しています。
良かったらいいね!でフォローをお願いします。


ラオスにおける本日の新規感染者は76人


f:id:Nomadlao:20210425231924j:image

県ごとの内訳は、以下の通り。

首都ビエンチャン:64人

サラワン県:5人

ルアンナムター県:4人

サワンナケート県:2人

ボーケオ県:1人


f:id:Nomadlao:20210425225231j:image

これで総感染者数323人、現在感染者数274人になりました。

サラワン県とルアンナムター県は初めての感染確認のようですが、首都ビエンチャンで感染し、移動しているようです。

 

首都ビエンチャンは、全員の行動履歴が公表されているわけではないですが、知れる範囲で見るとほぼケース59の知人や同じ場所に訪問している人々のようです。


f:id:Nomadlao:20210425231709j:image

・Diamond Karaoke

・Funny89

・Marina Night Club

・Bar and Karaoke 8118

・Massage 1111

の店の名前がよく目に付きます。

これらは完全にクラスターが発生しているようです。

 

本日の大使館のメールを見ると、

"感染者が訪れた場所は、シーサワート村(宴会に参加)、ビエンチャンセンター(感染者121と17日11時に頃映画鑑賞)、ドンドーク(18日)、シンダート店、シームアンのミニマート(21日)、ドンドークのクリニック(23日)、ホアイカム村、サントーン村、サンチアンのサイナムイェン・カラオケ店、ドンノーン郡のサバイディー・ビエンチャン市場、教育教材生産公社。"とあります。

これだけ感染者がいるので全てではないでしょうね。

 

一方、ラオス人のリアクションとして、「感染者全員の個人情報やすべての行動を発表してくれ」、というのをよく見かけます。

 

自分への感染リスクを知るために、気持ちはよく分かりますが、そろそろ感染者全員のすべての行動を把握するのは難しい状況になってきています。

 

もう街中のどこでも感染リスクがある、と思うくらいの気持ちで生活した方が良いのかもしれません。