貯金300万円を持って、アジア最後の秘境ラオスでノマド生活。

みんな動向を注視しているラオスのニュース・日常をお届け!ハンモックに揺られながら、ゆらーりと更新していきます。

【副作用か!?】コロナワクチン接種後、63歳の女性死亡

本日のコロナ感染者に関する当局の発表の際、

コロナワクチンの接種後に死亡した女性がいることが報告されました。

女性は、私が見たニュースだと63歳ということでしたが、別の情報だと1951年12月生まれという情報もあります。。


f:id:Nomadlao:20210511171303j:image

 

女性が摂取したのは、アストラゼネカ

ITECCの臨時会場でワクチンを摂取し、その後30分の経過観察の時には何ともなかったようです。

 

しかし、その接種した日のうちに、

体の痛みと嘔吐の症状が出て、郡病院に運ばれまもなく亡くなったそうです。

 

この女性は、もともと糖尿病と高血圧、神経症を持っており、それとの関連が疑われるそうです。

 

当局では現在、女性の接種前後の行動も調査しているとのことです。

 

私も最近、ワクチン接種しようかなと気持ちが傾きかけていたところで、こういったニュースがあるとちょっと躊躇いますね。。

 

詳しい情報がまた出てきたら、フォローしようと思います。

【5月11日付発表】コロナ新規感染者は35人、一方59人が退院。

ラオス当局の本日の発表によると、

ラオス全体の新型コロナウイルスの新規感染者の人数は35人。

(検査実施数は、3,247件)


f:id:Nomadlao:20210511165539j:image

 

県別の内訳は、

首都ビエンチャン9人、ボーケオ県20人、チャンパサック県5人、ルアンナムター県1人です。

 

これでラオスの総感染者数は1,362人、現在感染者数は1,064人になりました。

(59人が退院したようです。)

 

退院者の人数が、新規感染者の人数を上回り、現在感染者数が減りました。

 

このまま新規感染者を抑え込み、医療崩壊ないまま、コロナの終息を祈っています。

【本当のニュースだったのか】Covid3の入国を助け、自らもコロナ感染、入院先でヤギBBQをした警官が懲戒免職される。

ラオス公安省の大臣により、

一人の警察官の懲戒免職が発表されました。

 

懲戒免職処分を受けるのはサワンナケート県の警察官プーサイ・シーサワン氏(34)。


f:id:Nomadlao:20210511144659j:image

 

この人物、サワンナケート県でわりとはじめの頃にコロナに感染し、いろんな噂がSNSで立てられていた人物でした。

 

【事件1】

そもそものコロナ感染の原因が、タイから違法入国してきたCovid Threeとの接触と言われています。

https://nomadlao.hatenablog.com/entry/2021/04/28/082640

警察官という立場で違法入国者とどういう接触があったのか。。

SNSでは、違法入国者から賄賂をもらって、タイからの違法入国及び国内移動を手伝ったとされています。

一緒に飲み食いしている写真も出回っていました。


f:id:Nomadlao:20210511171852j:image


【事件2】

上の事件発覚の際に、同じようにお金をもらって他の違法入国者を手伝ったり、商品の密貿易を見逃しているということが暴露されていました。

 

【事件3】

コロナ感染しその入院中、病室から抜け出し、知人と病院の庭でヤギを解体しバーベキューをしていました。

入院中にも関わらず、医師たちの警告を無視し、そのような勝手な振る舞いをしたとして、SNSでさらされていました。


f:id:Nomadlao:20210511150117j:image

 

以上が同じ人物ということで、サワンナケート県では相当批判が出ていました。

私はてっきり根拠のないニュースかと思っていましたが、今回大臣からの通知ということで本当だった可能性が高いですね。

 

警察官という立場を利用して、今までやりたいようにやってきたのでしょうが、コロナ関係の事案ということもあって表沙汰になり過ぎましたね。

病院の庭で、ヤギのバーベキューはなんかラオスらしくて笑えますが。

 

 

今回の懲戒免職というのは、ラオスではかなり厳しいですが、上の事件が真実なら自業自得でしょう。


f:id:Nomadlao:20210511150653j:image


f:id:Nomadlao:20210511171949j:image


f:id:Nomadlao:20210511151122j:image

【画像あり】セッタティラート病院から24人が退院。

首都ビエンチャンのセッタティラート病院からの明るいニュースです。

 

セッタティラート病院はコロナ患者の受入病院ですが、本日は24人が退院できたそうです。


f:id:Nomadlao:20210510220421j:image

この24人という数字は、ラオス当局では明日発表の数字に含まれるはずです。

新規感染者の発覚が多くなければ、退院患者数が新規感染者数を上回って、久しぶりに現在感染者数が減りそうですね。

 


f:id:Nomadlao:20210510220703j:image


f:id:Nomadlao:20210510220713j:image

みんな無事に、久しぶりに外に出られて嬉しそうですね。

 

これから、自宅でさらに14日間の隔離生活をしないといけないはずですが、ひとまずおめでとうございます!!

 

象、出没注意【ボリカムサイ県】

野生の象が人の生活するエリアに出没しており、それに対して注意喚起のニュースがあります。


f:id:Nomadlao:20210510194311j:image

 

象が出没したのは、ボリカムサイ県のパッカディン−パークトンの間の地域。

パッカディンは、ボリカムサイ県の県都パクサンからさらに先に進んだ地域ですが、パークトンはどのあたりか分かりません。

 

象の出没と聞くと、私は「ナマで野生の象を見られるなんて!」、と思ってしまいましたが、警告が出ているように野生動物は非常に危険です。

 

今回と同じくパッカディンでは、

今月5月1日の未明(午前1時頃)にも、野生の象による事件がありました。

それは象3頭が民家を襲撃し、死亡者2名、負傷者4名を出すというものでした。

 

自然が豊かだからまだ象がいるのか、自然が減ってきたから象が人の生活するエリアにも出没してきたのか。。

 

自然、動物との共生とは難しいですね。


f:id:Nomadlao:20210510212842j:image

【5月10日付発表】コロナ新規感染者は25人、首都はわずか6人

本日のラオス当局の発表によると、

新型コロナウイルスの新規感染者数は25人。

 

ラオスのこれまでの総感染者数は1,327人になりましたが、

5人が新たに退院でき、現在感染者数は1,088人になります。


f:id:Nomadlao:20210510193350j:image

 

本日の新規感染者の県別内訳は、

首都ビエンチャン:6人(うち1人は空路からの入国者)

ボーケオ県:15人

サワンナケート県:3人(全員入国者)

チャンパサック県:1人(全員入国者)

 

サワンナケート県やチャンパサック県も、市中感染が心配な状況ではありましたが、ひとまず落ち着いた感がありますね。

 

ただ、今後もケース50やケース59のように、ごく一部の人間ために感染が広がる可能性は否定できないですが。。

 

ただ、感染拡大を抑制できたおかげで、現況に対してはだいぶ明かりが見えてきましたね。

私も少し仕事が入ってきたので、やや忙しくなりそうです。

相変わらずステイホームですが。。

 

【5月9日付発表】コロナ新規感染者69人、うちボーケオ46人

5月9日付のラオス当局の発表によると、

新型コロナウイルス新規感染者数は69人

また、昨日のブログで先に取り上げたとおり、ラオス初の死亡ケースが出ています。

nomadlao.hatenablog.com

f:id:Nomadlao:20210510122503j:plain

 

新規感染者数の県別の内訳では、

首都ビエンチャン:16人

ボーケオ県:46人

サワンナケート県:4人(全員、入国者)

チャンパサック県:3人(全員、入国者)

 

検査実施件数は、6,827件

首都ビエンチャンが1,422件、ボーケオ県が4,779人ということです。

ここ数日、ラオス全体でも検査数は1,500~3,000件くらいだったと思うので、かなり多く実施しています。。

ボーケオ県では、今必死に濃厚接触者を追っているところでしょうか。
追い切れるといいですね。

 

首都ビエンチャンは4月中は感染拡大の兆候に恐怖でしたが、

5月に入ってからロックダウンの効果が出て、抑えられている感じです。

 

新規感染者数の推移(ラオス全体&首都ビエンチャン)を久しぶりに以下に書きます。

4月18日:0人

4月19日:0人

4月20日:2人(うち首都2人)※ケース59の発覚

4月21日:28人(うち首都26人)

4月22日:6人(うち首都4人)

4月23日:65人(うち首都60人)

4月24日:88人(うち首都84人)

4月25日:76人(うち首都64人)

4月26日:113人(うち首都31人)

4月27日:75人(うち首都59人)

4月28日:93人(うち首都75人)

4月29日:68人(うち首都34人)

4月30日:85人(うち首都69人)

5月1日:64人(うち首都49人)

5月2日:112人(うち首都34人)

5月3日:33人(うち首都16人)

5月4日:60人(うち首都8人)

5月5日:46人(うち首都19人)

5月6日:105人(うち首都15人)

5月7日:28人(うち首都10人)

5月8日:28人(うち首都8人)

5月9日:69人(うち首都16人)